意外に知られていない女性の薄毛を促進させてしまう事

 

女性にとって薄毛は出来るだけ避けたいもので、予防が出来るのであればチャレンジしたいと思っています。どうして薄毛になってしまうのか?知っておくと更に防ぐ事が出来ると思いますが、どのような原因があるのでしょうか?また、どのような行為が薄毛を促進させてしまっているのでしょうか?

【強い毛根、弱い毛根、あたなはどっち?】
薄毛になっていく過程の中で、毛根というのはとても大切なキーワードになってきます。元気な毛根であり続ける事が出来ればもちろん薄毛の心配も必要がなくなってくるのですが、毛根ととても大事な関係性があるのが頭皮になります。とくスカルプケアなどの言葉も耳にすると思いますが、その名の通り、頭皮のケアがとても大事になってきます。

頭皮が不潔であったり、油ギッシュで放置していたり、乾燥し過ぎていたり、血行が悪いようであればそれは薄毛の一歩を進んでいるという事になります。清潔な頭皮を保つ事が出来れば毛根も強いままですので元気な発毛が期待出来るのです。

【あたなのストレス大丈夫?】
スカルプケアをしているだけで絶対に薄毛にはならないと言い切る事は残念ながら出来ません。ケアなどを気を付けていても薄毛になってしまうこともあるのですが、どのような場合なのでしょうか?日頃、ストレスを抱えて過ごしている人達は多く、そのストレスを溜め込んでしまいがちであったり、発散の方法が分からないなどとても難しい問題です。

ストレスは受けたくないのに知らず知らずに抱えてしまう人は多く、ストレスが溜まっているという実感が沸いていない人も多いのです。そしてストレスを溜め続けていると毛根が弱っていき、発毛がしなくなってしまい徐々に薄毛になってしまっていくのです。

ストレスを溜めない生活をするという事は今の世の中ではとても難しい事かもしれません。小さな事でストレスを感じてしまう人や、人との関係でストレスを感じてしまう人、仕事のプレッシャーなど様々です。ストレスを溜め込まないで上手に流していく事が出来れば薄毛の予防にもなるかもしれませんね。

【そのオシャレ、意外にも頭皮にダメージが!】
女性の多くは外見を良く見せる為に様々なオシャレをしています。その中でも髪型などは女性にとってとても大事で、カットやパーマはもちろんのこと、髪を染めている女性もたくさんいます。オシャレをする事は楽しいですし、一部の女性にとって、髪型を変える事や染める事は一つのストレス発散方法にもなるようなので、先ほどのストレスを溜め込まないという点ではとても良い事です。

しかし、そのオシャレを深くを探っていくと、パーマ液や、ヘア染め液という商品が出てきます。これらはとても刺激が強いものを使っているので、頭皮に良いとは言い難く、逆にダメージを与えてしまうとも言えます。ヘアカットは大丈夫ですが、液体を使うパーマやヘアカラーには気を付けた方がいいかもしれませんね。

今では、ヘアカラーに関しては植物で出来ているヘナ染めというものもありますので、これらを使って染める事で頭皮を守り薄毛の予防になる事でしょう。

【頭皮はジメジメ湿気が苦手】
スカルプケアといえば、ヘッドスパに通ってみたり、頭皮を綺麗にする為の植物油のオーガニックシャンプーに変えてみたり、頭皮をマッサージしてみたりなどがあると思います。これらのケアももちろん薄毛予防にはとても大切で続ければ頭皮も清潔に保たれ、毛穴もスッキリし強い毛根をキープできます。

しかしもっと根本的な事を考えてみましょう。お風呂上りに濡れた髪をタオルで巻いて長時間放っておいたり、髪の毛を乾かすのが面倒だからといって濡れた寝たりしている女性は多いのではないでしょうか?実はこのような行動は頭皮にたくさんダメージを与えている事になるのです。

それは頭皮は濡れたままの状態がとても苦手で、湿気たままで放置していると頭皮は弱くなってしまい毛根に影響が出てきてしまうのです。髪が長い女性などは特に、髪の毛を洗ったあと乾かすのに時間がかかってしまったり、夏場は暑くて放置してしまいがちです。

しかしこの放置はとても危険で薄毛への近道にもなってしまうのです。ヘアドライアーを使って、頭皮だけでも乾かす事を忘れないようにしましょう。

【何気ない予防方法】
知らず知らずのうちに頭皮にダメージを与えてしまっていたのではないでしょうか?これらを知る事が出来れば自分でも気を付ける事が出来るので薄毛の予防になりますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ