髪の長い女性にありがちな薄毛になってしまう例の紹介

頭皮を健康に保つ事が薄毛への予防対策にもなるのですが、女性がついついしてしまう悪い行為があります。その癖は頭皮に大きなダメージを与えてしまう事になるのですが、どのような行為なのでしょうか?

【ロングヘアーの女性に多い悪い癖とは?】
頭皮は実は湿った状態で放置しておくのは良くないと言われています。例えば洗った髪の毛をすぐに乾かさないで放ってしまう事などと言われているのですが、髪の長い女性に多い癖は更に頭皮に悪いダメージを与えてしまうのです。髪の長い女性は髪の毛を洗ったあと、乾かさないで束ねて長時間そのままにしてしまっていませんか?実は頭皮が蒸れた放置しておくと頭皮がジメジメしてしまい、せっかく洗ったにも関わらず不潔になってしまうのです。

頭皮が不潔になってしまえばもちろん毛根に影響が出てきてしまい、そこから薄毛になってしまう事も有りえます。また、蒸し暑い夏などでも髪を束ねている女性は多いと思いますが、これも通気性がなくなり頭皮は蒸れてしまうので、あまりよくありません。

頭皮が蒸れてしまうと皮膚が弱くなってしまうのです。

【頭皮を蒸らさない為に出来る事とは?】
やはり、頭を洗った後は長時間濡れたままで放置しないで、早めにヘアドライヤーで乾かすという事です。冬は寒さでなかなか乾かなかったり、夏は汗でなかなか乾かないなどありますが、頭皮を乾かすイメージでヘアドライヤーをあててみましょう。

髪の長い女性は全部乾くまでには時間がかかってしまいます。夏場などは汗も出て大変ですよね?なので、髪の毛は多少湿ったままでも自然乾燥で大丈夫ですので、頭皮は完璧に乾かすように心がける事です。

【簡単な薄毛対策方法】
頭皮を綺麗にしておけば毛根も元気なままでキープ出来るので、簡単な薄毛の対策にもなります。もし、このような悪い癖があれば、今日からでも遅くありません!改善していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ